不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > みんなの離婚体験談 > 本気で離婚を考える場合、探偵や弁護士を雇って有利な条件で離婚にすること

本気で離婚を考える場合、探偵や弁護士を雇って有利な条件で離婚にすること

【リアル離婚体験談 NO.67】

1.離婚の概要

結婚して3年、その間に私が把握しているだけでも夫は5回の浮気をして、そのたびに謝ってはもうしないと誓ってきました。

しかし何度も繰り返されて、生活だけ見れば不満はありませんが、心は満たされず猜疑や不安だけが渦巻いて、毎日が辛かったです。

子供がいないのが原因かもしれないと思いましたが、欲しいと思ってできるものでもなく、また離婚も考えていて積極的に不妊治療に取り掛かれずにいました。

そんな中で4度目の浮気をしていると知り、離婚の決意を固めて、少しでも自分が有利になるように証拠集めなどの準備をはじめました。

2.離婚の時期

結婚してから3年3か月が過ぎたころ。

3.離婚時の年齢

32歳。

4.離婚の際に弁護士を利用したか?

少しでも自分に有利に運びたく、弁護士に依頼しました。

夫は口がうまく、これまでも浮気の際に言い包められていた経験があり、相手の両親も加わると厄介だと感じました。

リスクを避けるために弁護士を利用して成功しました。

5.離婚の際に探偵を利用したか?

過去の浮気発覚の際に証拠をつかんでおらず、今回は本気で離婚を考えており、少しでも有利な条件で運びたく探偵を雇いました。

結果的には法的な証拠となり、相手に反撃を与えずこちらの望む条件で離婚が成立しました。

6.今迷っている方へのアドバイス

夫は浮気性ということ以外は問題のない人で、収入もよく、生活費も入れてくれる、誕生日や記念日にプレゼントを購入する、旅行をするなど気遣いもできる人でした。

しかし女好きという悪癖があり、浮気以外にもキャバクラやクラブのホステスに入れあげる、部下の女の子を食事や飲みに誘うなど、パートナーとして信頼性に欠けました。

私自身が割り切れば良かったのかもしれませんが、常に他の女といると考えると不安感や猜疑で胸が締め付けられて、常に不快な気持ちを抱えていて穏やかさがありませんでした。

暴力や生活費をくれない経済DVを受けている方からすれば贅沢と思うかもしれませんが、自分の気持ちは何よりも大切なもので、我慢して生活するのは耐えられるものではありません。

そして一度離婚を考えたらよほどのことがない限り、婚姻生活を送るのは難しく、決断は早めの方がいいです。

ただ本気で離婚を考える場合、探偵や弁護士を雇って自分に有利な条件で離婚ができるようにすることが大切になります。

世間体や子供のために我慢するのではなく、第2の人生を考えた方がいい場合もあります。

私自身は離婚をして気持ちのモヤモヤから解き放たれて、今は仕事も見つけて金銭的に暮らしは楽とは言えませんが、以前よりも幸福感がある生活ができています。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.