不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > みんなの離婚体験談 > 妻が不倫。相手は会社の同僚でした。

妻が不倫。相手は会社の同僚でした。

【リアル離婚体験談NO.42】

妻の浮気

1.離婚の概要

妻が不倫をして関係修復の努力もむなしく離婚しました。相手は会社の同僚でした。

2.離婚の時期

2014年8月のことです。

3.離婚時の年齢

私40歳、妻は34歳。

4.離婚の際に弁護士を利用したか?

離婚の話し合いをする前に、弁護士さんに相談をしました。

慰謝料を請求する気はなかったのですが、世間ではこんなときにどうするのだろうと思ったこともありますし、財産分与はきちんとしておきたかったからです。

揉めるようなら正式に弁護士さんに依頼して、離婚調停や裁判をすることも覚悟をしていたのですが、妻も自分がしでかしたことだからと、割とあっさり離婚に応じました。

そのため、弁護士さんには相談しただけで終わりました。

実際、相談したときにも、うちのケースなら裁判でも問題なく離婚できるだろうとアドバイスしてもらったくらい、はっきりとした不貞行為でしたからね。

もしかしたら、妻はもっと早く別れて気分的に楽になりたかったのかも知れないなんて考えています。

いまとなってはどうでも良いことなんですけど。

5.離婚の際に探偵を利用したか?

探偵に証拠集めを依頼することはありませんでした。

なぜなら、不倫が発覚したのがあまりにもハッキリした状況だったからです。

夏の暑い盛りのときで、仕事で外回りをしていた私の携帯電話に会社の部下から電話が入ったのです。

最初は何を言っているのかわかりませんでしたが、要は、うちの妻と同僚のAが一緒にホテルに入っていったというのです。

妻は専業主婦で家にいる時間帯ですし、Aは得意先周りをしている筈のときでした。

私は訪問予定先の担当者に電話を入れて、アポの変更を頼んでから、急いでそのホテルへ向かいました。

そこには連絡をくれた部下がいましたが、いまひとつ事態が飲み込めていない私は、なんでこいつがここにいるのかと思ったものです。

ホテルの前で待っている間は、きっと別人に違いない。

別人であって欲しいと思っていましたが、1時間ちょっと経ってから良く知っている顔の2人が出てきたのです。

その瞬間は、何かが終わったような気がしましたが、不思議と怒りのような感情はありませんでした。

6.今迷っている方へのアドバイス

私と同じような経験をしている人がどれくらいいるのかはわかりませんが、私の経験が少しでも参考になるのであれば、それが私自身の気休めにもなるような気がします。

アドバイスと言うとおこがましい限りですが、無理に関係を修復しようとはしない方が良いとだけは言えます。

私の場合は不倫発覚から2ヶ月くらいやり直そうとがんばりましたが、ホテルから出てきた2人の表情が忘れられなかったために随分と辛い2ヶ月をすごすことになりましたから。

その間、妻がどんな気持ちでいたのかはわかりません。

家にいるときはいつも私の顔色をうかがうような態度に見えたものです。

結局、夫婦の一方に大きな負い目があると、常にそれを意識しながらの暮らししかできないのだと思います。私が精神的に弱いだけかも知れません。

それでも、私が言えるのはそれだけです。無理して不幸になる必要はないと思うのです。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.