不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > みんなの離婚体験談 > DVの証拠は離婚を決断した時から集めていました。

DVの証拠は離婚を決断した時から集めていました。

【リアル離婚体験談NO.31】

1.離婚の概要

3年6ヶ月の結婚生活の末、離婚しました。

離婚原因は夫のDVです。

2.離婚の時期

離婚時期は2010年3月です。

3.離婚の際に弁護士を利用したか?

弁護士は利用しました。

夫は、離婚の話を切り出すと感情的になって、暴れるので、冷静に話をできる状況ではありませんでした。

インターネットで検索して、自宅から近いところに事務所のある女性の弁護士さんをお願いしました。サイトの写真が穏やかそうだったのも決め手でした。

弁護士さんには夫婦の経済面、夜の生活など、かなり突っ込んだことも聞かれました。

でも、基本的にはサイトの印象通り、穏やかな人だったので当たりだったと思います。

最終的には、調停に弁護士さんが出てもらって、離婚が成立しました。

慰謝料の額をめぐって、夫がなかなか妥協しなかったので、不安でしたが、裁判にならずに、離婚に応じてくれて、運が良かったと思っています。

弁護士さんの話では、夫方の弁護士さんがかなり夫を説得して下さったとか。

夫と感情的なやり取りをしないで済んだので、弁護士さんをお願いしてよかったです。

4.離婚の際に探偵を利用したか?

離婚の際に、探偵は利用していません。

離婚原因が夫の浮気ではないし、DVの証拠は離婚を決断した時から、集めていたからです。

まず、精神的に不安定になっていたので、精神科に通院しており、お医者さんに診断書を書いてもらいました。弁護士さんには、診断書と、もらったお薬を証拠として提出しました。

それから、夫は、結婚当初から酒が入ると暴れていたのですが、ひどい時には、近くの実家に逃げていました。

父が私が実家に逃げた日を日記を書いていてくれたので、これも証拠として提出しました。あと、夫が酔って怒鳴った時、ICレコーダーに録音しておいたものも、証拠になりました。

後から考えると、夫は帰りが遅かったので、浮気していたのかもしれません。

探偵を利用して証拠を集めれば良かったかなと、少し思いましたが、あの時は、とにかく別れたい一心で、頭がそこまで回りませんでした。

慰謝料をもらって離婚できたので結果オーライですね。

5.今迷っている方へのアドバイス

自分が我慢すれば、とか自分が悪いのかもと思って、なかなか離婚に踏み切れないこともあるかと思います。

最初は好きで結婚したわけですしね。経済面や、子どものことを考えるとさらに難しくなってしまうかもしれません。

私の場合は働いていたことと、子どもがいなかったことで、他の人より悩みが少なかったのも、離婚を決断できたのだと考えています。

思い切って離婚して、穏やかな生活を取り戻せたので、私にとっては良い決断でした。

離婚するかどうか迷っている方は、いつか離婚するかもしれない日のために、離婚事由となる証拠を集めておくと良いです。

我慢すると言っても、限界があると思うのです。

日記でも良いので、言われたこと、されたことの記録を残してください。

暴力を振るわれた場合は、お医者さんに行って、診断書を書いてもらったほうが良いです。

私は、精神科の診断書はあったのですが、殴られて痣がひどかった時は、恥ずかしくてお医者さんに行けず、診断書も当然ありませんでした。

夫は、殴った覚えはないと主張してきました。水掛け論争になってしまうので、証拠は大切ですよ。

話はそれますが、うつ病などの精神病を患ってしまった場合は障害年金という制度もありますから、積極的に活用されると良いと思います。

制度の説明だけでなく、個人の受給体験談なども掲載されているこちらのサイトが参考になりました。→障害年金をもらい忘れていませんか?障害年金ドットコム

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.