不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > みんなの離婚体験談 > 性格の不一致と、夫からの性的な暴行。

性格の不一致と、夫からの性的な暴行。

【リアル離婚体験談NO.22】

1.離婚の概要

私が離婚をした原因は主に性格の不一致と、夫からの性的な暴行です。

2.離婚の時期

時期:2014年11月

3.離婚の際に弁護士を利用したか?

初めはお互い話し合いで離婚しようと考えていました。

しかし離婚となると決めなければいけないことが沢山あります。夫はお金を沢山持っているのに、家族には使いたくないという考え方だったので、法律で決まっている養育費の金額も払いたくない、と言ったり、財産分与の金額や将来の年金の分割についても全く話が進まず、私が弁護士を依頼しました。

そして相手も弁護士をつけ、まずは夫の方から円満調停を申し立ててきました。

同居して欲しいという調停です。

しかし私は同居するつもりは全くなく、早く離婚したいという気持ちしかありませんでしたが、早まると相手に有利に離婚が決まってしまうこともある、と弁護士に言われ、とりあえず円満調停に何度か出席し話し合いをしました。

円満調停は不成立となり、その後私側から離婚調停を申し立てました。

4.離婚の際に探偵を 利用したか?

離婚の時に探偵を依頼する人も多いと聞いていましたが、私達の離婚原因は、浮気や不倫などが原因ではなく、主に性格の不一致やお金の価値観の違いが一番だったので、探偵は依頼しませんでした。

しかし離婚調停などに出席して感じたことは、やはり夫婦間のことは密室の中の出来事ばかりなので、調停委員の人も何が本当なのか分かってもらえないことが多いのです。

なので、はっきりとした証拠がない限り相手が否定すれば、こちらが主張したことをあまり取り入れて判断してもらえなかったです。

だから私も、もし夫に不倫疑惑があれば探偵を依頼したかもしれませんが、それはあまり感じなかったのでしませんでした。

どちらにしても早く離婚をしたかったので、ややこしい話はしたくなかったという気持ちもありました。

5.今迷っている方へのアドバイス

まず、離婚をしたいと迷った時は、焦らない方が良いです。

離婚した後の自分の生活をシュミレーションして、しっかり計画をたてて進めていくことをおすすめします。

ですが、これから長い人生、性格や価値観の合わない相手とずっと一緒にやっていくのはものすごく苦痛なことだと思います。

子どもがいるなら尚更、両親が喧嘩ばかり、信頼関係のないなかでの子育ては、子どもにとってもあまり良くありません。長年我慢を続けていれば精神的にも疲れてしまうし、体にも良くありません。

財産分与や養育費、年金分割や退職金の分割など、もらえるところはきっちり主張し、納得いくように内容が決まれば、第2の人生に向かって出発することも悪くはありません。

しかし今後の幸せのためにも、焦らないことが重要です。

多少の妥協は必要かもしれませんが、しっかり準備してしっかり納得してから離婚することが大切です。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.