不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > みんなの離婚体験談 > 不倫相手との交際費の為に、共通の貯金を使い込み、さらに借金までしていた。

不倫相手との交際費の為に、共通の貯金を使い込み、さらに借金までしていた。

【リアル離婚体験談NO.47】

浮気の決定的な証拠写真

1.離婚の概要

夫の浮気が原因。

共通の貯金を使い込み、借金までしていた。

2.離婚の時期

2016年1月。

3.離婚時の年齢

35歳。

4.離婚の際に弁護士を利用したか?

弁護士に依頼。

最初は話し合いで解決しようとしましたが、言い逃れをする、逆上する、暴れる、終いには、義理の両親まで口出ししてきて、かなり面倒なことに。身の危険すら感じました。

浮気調査をしてもらった探偵事務所で弁護士さんを紹介してもらい、すぐに相談にいきました。

以後は、交渉ごとは全てお任せ。自分は自分の実家に避難して身の安全を保ちました。

夫婦というのは、もっとも身近な「他人」であり、中途半端に「家族」であるからこそ、容赦がなくなる、遠慮はしない、身勝手になるものです。

第三者に交渉をお願いしたほうがスムーズに話が進むこともあり、人によっては暴力で黙らせようとしてくることもあります。うちの旦那がそうでしたから、そういった場合は弁護士に依頼しましょう。

安全が守られます。

費用はかかりますが、頼れるところには、お金を払って頼った方がいいと思います。後述しますが、慰謝料などが取れれば、手出しは少なくて済みます。

5.離婚の際に探偵を利用したか?

探偵に調査を依頼しました。

共通の貯金が使い込まれていたことから、不信感を抱き、旦那に直接、問い質しましたが、はっきりとした答えを返さない、それどころか、逆上して暴れだす始末で、話し合いにならず。

ただ、その騒動で、何かを隠していることはハッキリと分かりました。

自分での証拠収集はできないと諦め、探偵に依頼することにしました。

今はインターネットがあるので検索も簡単でした。

わりと近所に良い興信所があったので相談へ。

印象は悪くなかったので、調査を依頼することにしました。

脇が甘い旦那でしたから、結果はすぐに出ました。

浮気と判明。貯金の使い込みも浮気相手との交際費に使われていました。

既に離婚は決意していたので、全ての証拠を集めてもらうように再依頼。

浮気の決定的な証拠となるラブホテルへ入っていく写真もゲットしました。

慰謝料等もスムーズに請求できましたし、離婚調停にもならずに済みました。

全ては証拠のお陰です。

今回、改めて思ったことは、「証拠が何よりも重要」ということ。

相手がしらばっくれても、証拠さえ掴んでおけば、後は我々の言いなりです。

弁護士さんがしっかり法的に痛めつけてくれますからね。

確かな証拠を掴んで、専門家である弁護士に依頼する。

費用は決して安くありませんが、慰謝料でペイできます。

6.今迷っている方へのアドバイス

離婚というのは精神的な消耗が激しく、周囲から責められると、自分が悪いことをしている気持ちになってしまうことがあります。

しかし相手が嫌になったり、これ以上一緒に生活ができないと思ったら、離婚してください。

子どもがいないのなら、すぐに決断してしまっても構わないと思います。

親族・世間体を気にするよりも、自分の人生、一度きりの人生、自分がどのように生きていくかの方が大事です。

お金を使い込まれ、浮気までされているのですから、無理して我慢する必要はありませんよね。

とりあえず、パートナーに信頼がおけなくなったら、疑いを抱いたら、探偵に調査をしてみるのがいいでしょう。

現実を知ることによって、これからどうすればいいのかがはっきりと分かりますし、許すか離婚するかの選択もしやすくなります。

そして、本気で離婚を考えるのなら弁護士に相談にいきましょう。

時として、自分の身が危険に晒されることもあるので、そういった不安がある時は、必ず弁護士に頼みましょう。

DVなどの危険性がある場合は、離婚交渉などは弁護士が全て代理してくれます。

毅然とした、強い気持ちをしっかりと持つこと。

離婚を悪いことと思わず、当選の権利と考えて、決断することが大切です。

そして、相手が100%悪いのであれば、情けなど要りません。慰謝料はしっかりもらいましょう。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.