不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 専門家の活用 > 不倫調査と探偵の活用

不倫調査と探偵の活用

夫婦として共に生活していると、些細な行動や言動の変化などで相手が不倫しているのではないか、浮気しているのではないかということに思い至る局面もあります。

問いただしてその疑惑を晴らすことで正常な夫婦関係を維持することができる場合もありますし、疑念が拭えないために不信感が募ってしまい、日々のコミュニケーションに支障が出る場合もあります。そのような場合には、不倫や浮気の調査を専門家に委託することで解決することがあります。

各個人が浮気や不倫と定義する状況には、差があります。

自分以外の誰かと食事をするだけで精神的苦痛が著しくなるという方もいれば、性行為に及んでいなければ許容できるという方もいます。

結局は夫婦間で何を認め、どこを一線とするのかということに依存するのですが、一般的には夫婦関係を破綻させる行為として不貞行為、つまり、伴侶ではない誰かと性交渉に及ぶということが基準になることがほとんどです。

ただ、実際にはその前段階から許せないというケースも多々あるため、離婚協議や調停は精神論と事実が入り混じった非常に難解なものになることが多いのです。

疑念を持ったまま、確定的な証拠がないまま夫婦としての生活を続けていくということが辛い場合は、精神衛生上も専門家に委託することが重要です。

その結果として何も無いと判明する場合もありますし、実際に不倫をしているという確定的な証拠を押さえる場合もあります。調査を依頼した時点ではまだ離婚するかどうか決めていないという場合でも、その結果は離婚を決めた際に重要な証拠になり、慰謝料の請求などに影響してくる要素になります。

そのため、実際に依頼する場合は多少費用がかかっても実績があり信頼できる機関を選ぶことが大切です。

そのような専門機関では慰謝料請求の拠り所としての証拠集めを理解しているため、決定的な証拠を押さえるということをしっかりと実践することを意識した調査を行います。

伴侶の言動や行動に疑念を持ってしまったら、早期に真実を確かめることで冷静な精神状態でその後のことを考えることもできますので、悩むよりも前に調査を依頼することが推奨されます。

そして不貞行為の立証ができなかったとしても、精神的な苦痛の理由や夫婦関係を維持することができない理由をしっかりと並べることができれば、離婚を成立させることも可能です。

専門的な調査機関や探偵はそのような点に関しても知見が深いので、不倫調査の際に事後のことを相談することも可能な場合が多いです。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

→ 探偵事務所を比較検討したい方はこちら

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.