不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚について > 離婚届の書式変更について

離婚届の書式変更について

民法等の一部を改正する法律が平成24年4月1日から施行されました。

<改正・民法766条>

<第766条第1項>

 父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。

これにより、4月1日以降の離婚届の書式が一部変更され、夫婦間で未成年の子の「面会方法」や「養育費の分担」の取り決めができているかをチェックする欄が新たに設けられました。

(面会交流)

  • 取り決めをしている。
  • まだ決めていない。

(養育費の分担)

  • 取り決めをしている。
  • まだ決めていない。

もっとも、取り決めができているかチェックする欄を設けることにしただけで、離婚届の受理をするための要件にはならず、チェック欄が未記入でも提出できるそうです。

改正された離婚届を見る事によって、「子の面会交流、養育費を決めなければ!」と思うキッカケになってもらえればいいですが、なにせ受理要件ではないので、個人的には、はたしてどこまで効果があるか疑問ですね。

なんなら、公正証書を作成している。チェック欄を設けてほしいぐらいです。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.