不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚について > 離婚後の戸籍と姓

離婚後の戸籍と姓

女性は結婚すると夫の戸籍に入り、夫の姓を名乗っていることがほとんどです。

そして、婚姻中の戸籍は夫婦の戸籍として一つでしたが、離婚をすると夫の戸籍を抜けることになりますので、離婚時に自分の戸籍と姓(氏)をどうするか考える必要があります。

また子どもの戸籍・姓についても同様に考える必要があります。

離婚後の戸籍

夫婦は離婚するとそれぞれの戸籍にわかれます。

夫が戸籍の筆頭者になっている場合は妻が戸籍から抜けて、

  • 結婚前の戸籍(親の戸籍)に戻り、旧姓に戻る
  • 自分で戸籍を新しく作り、旧姓に戻る
  • 自分で戸籍を新しく作り、そのまま姓を使用する

を選択します。

離婚届には、婚姻前の姓に戻るかどうか記載する欄があります。

離婚する際は、あらかじめ離婚後の戸籍と姓について決めておく必要があります。

ポイント!

子どもがいる場合は、子どもの戸籍は両親が離婚しても手続きをしない限りそのままです。つまり筆頭者(夫)の戸籍に残ったままです。

母親が親権者となった場合でも、離婚届を出したからといって、子どもが自動的に親権者の戸籍にはいりません。この場合、別途手続きが必要になります。

離婚後の姓

離婚後は、婚姻前の姓、婚姻中の姓のどちらでも名乗ることできます。

婚姻中の姓を名乗りたい場合は、離婚届けと同時に、または離婚届を出した日から3ヶ月以内に『離婚の際に称していた氏を称する届』を住所地、または本籍地の市区町村役場へ届出るようにして下さい。

この場合、夫の承認や証人を必要としないため、自分ひとりで届出を行うことができます。

3ヶ月経過後は、『やむを得ない事情がある場合』に、家庭裁判所に『氏の変更許可の申立て』を行い、裁判所がその事情を認めた場合、変更が許可されます。

ポイント!

一度届出をした後、旧姓に戻そうと思っても「家庭裁判所の許可」が必要になり、簡単には戻せませんので慎重に決めるようにして下さい。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.