不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚について > 離婚届の不受理申出

離婚届の不受理申出

離婚の意思

夫婦で離婚に合意しても、実際に離婚届を役所へ提出する際に離婚の意思がなくてはいけません。

あくまでも『提出する際』ですので、離婚に合意して離婚届に署名捺印をしたとしても、役所へ提出する前に離婚の意思が無くなってしまえば、離婚を撤回することは可能です。

よくある話しですが、今度浮気をした時には離婚をするつもりだったから離婚届を書いていて、何年もたってから実際離婚届を出そうとしても、その時点でお互いに離婚の意思がなければなりません。

また、自分に離婚する気はないのに相手が自分の知らないうちに離婚届を書いてしまって勝手に離婚届を提出した場合、役所で受理されるとそのまま離婚の効力が発生してしまいます。

一旦受理され、戸籍に離婚の事実が反映されてしまうと、それをなかったことにするのは簡単なことではありません。

例え離婚届が自分の意思に反して受理されたとしても、役所が勝手に離婚を取り消すことはできないからです。

離婚の事実を取り消したい場合、家庭裁判所に『離婚無効の調停』を申立てなければなりません。そして、調停において離婚の意思が無かったことが確認され、双方が合意をすれば離婚が無効である審判が下されます。

もし無効であることの合意が得られなければ、今度は訴訟を起こすことになります。

このように、勝手に離婚届を出されたとしても一旦受理されてしまうと、後々大変な手続きが必要になりますから、離婚の意思がないにもかかわらず、一時の感情で離婚届に署名するようなことはないようにしましょう。

離婚届の不受理の申出

過去に書いた離婚届を相手が持っていて心配だ。別居中に勝手に離婚届を出されるか心配。このような場合、役所に離婚届を受理しないように届けておくことができる制度があります。

これは『離婚届不受理の申出』と呼ばれていて、役所で簡単に手続きを行えます。

この制度を知っておくだけで離婚届を勝手に出される心配がありません。離婚届は誰でも簡単に提出することができます。

もし相手方に勝手に出されて役所で受理されてしまえば、取り消すために大変な労力がかかります。もし、少しでも心配であれば、事前に不受理の申し出をされることをお勧めします。

申出の場所と必要なもの

不受理の申出は、自分の本籍地または所在地の市区町村役場の窓口で手続きを行います。

認印(シャチハタ以外)と本人であることが確認できる書類(運転免許証やパスポート等)を窓口に持参して、「不受理申出書」に記入して提出します。

この不受理の申出は本人が窓口に行って手続きを行う必要がありますので、代理人では手続きができません。

原則として郵送での申出もできませんが、やむを得ない事由で窓口に行くことができない場合は、役所によって他の方法で手続きを行える場合があります。詳しくは市区町村役場の窓口に問い合わせてください。

申出の効果

役所の窓口で不受理申出をした時から効果が発生し、申出をした本人が取り下げをしない限り無期限で継続されます。

もし手続きをした後に引っ越しをして本籍が変わった場合でも効果は引き継がれますので、新しい本籍地等で改めて申出をする必要はありません。

不受理申出の取下げ

不受理の申出をした後に、離婚することになった場合や必要なくなったときは、申出をした本人が手続きを行った役所の窓口へ直接出向いて「取下げ」の手続きを行ってください。

窓口に備え付けられている「不受理申出の取下げ書」を提出をすることで不受理期間を終了することができます。

取下げに必要な書類は、不受理の申出時と同様に認印(シャチハタ以外)と本人であることが確認できる書類(運転免許証やパスポート等)が必要です。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.