不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚・離婚協議書に関するQ&A > 離婚協議書・離婚届・婚姻費用に関するQ&A

離婚協議書・離婚届・婚姻費用に関するQ&A

Q.離婚の際に公正証書を作成しました。滞納があった場合、強制執行できますか?

公正証書に記載された内容がすべて強制執行できるわけではありません。

まず、強制執行するには作成した公正証書に『強制執行認諾約款』が記載されていることが必要です。『強制執行認諾約款』とは、簡単にいうと「お金を支払わなかったら差し押さえしてもいいですよ」という約束です。この『強制執行認諾約款』が記載されており、かつ、強制執行できるのは養育費、慰謝料、財産分与などの『お金』に関する事のみとなります。

しかし、相手に財産がなく支払う能力がないときは、強制執行はできないということになります。どんなに公正証書を作成していたとしても無い所からは取れないのが現実だからです。

◇関連ページ:養育費や慰謝料の支払いが遅れたら?公正証書による強制執行。

Q.子どももおらず、請求するものもありませんが離婚協議書は作成すべきですか?

離婚協議書を作成されることをお勧めいたします。

子どもがおらず、財産分与もお互いの合意があり、円満に離婚できる場合でも『離婚後、お互いに一切の請求をしない』と言うような内容で、離婚協議書を作りましょう。

例えば、離婚後何年も経ってから「貸したお金を返してもらってなかった」、「財産分与をもらってなかった」「支払う約束をしていた」などというようなトラブルになりかねません。

このようなトラブルを回避するため、清算条項を記載した離婚協議書を作成することをお勧めいたします。

◇関連ページ:離婚協議書とは?

Q.先日離婚届を書き夫に渡しましたが、納得できないので撤回したいのですが。

あなたがお住まいの役所に「離婚届の不受理申出」を出して下さい。

お互いが署名捺印した離婚届を役所へ出すと、書類に不備がない限り、離婚届は受理されます。まだ離婚届を提出する前であれば、「離婚届不受理の申し出」を行うことで、離婚届を受理されないようにすることができます。

「離婚届不受理の申出」を提出しておけば申出をした本人から取り下げられるまで無期限で離婚届は受理されません。もし不受理の申出をした後に、夫婦双方で離婚の合意があれば、申出人が「取下げ書」を提出すれば、離婚届が受理されるようになります。

Q.離婚前から準備しておくことはありますか。

別居などを想定して、当面の生活資金を確保して下さい。

夫に離婚話を切り出し、話が穏便に進むとは限りません。

生活費を入れないなどの嫌がらせを受けることも考えられます。少しずつでもいいので、当面の生活資金を確保するようにして下さい。

離婚を切り出す際には、しばらくの期間は生活をしていくだけの貯えを準備しておくことをお勧めいたします。また、慰謝料の請求をお考えであれば証拠になるものを集めておきましょう。

◇関連ページ:離婚前に決めておくべきこと

Q.夫と別居をしたいのですが、専業主婦で収入がありません。

夫に婚姻費用を請求して下さい。

婚姻費用は夫婦が結婚生活を送っていく上で必要なお金のことです。夫婦が別居中であろうと生活していく上で必要な婚姻費用を分担する義務があります。

分担割合は決まっていませんので、今までどのように生活費を出してきたか等、お互いが話し合いで決めることになります。どうしても話合いで決まらない場合には、家庭裁判所に『婚姻費用分担の調停』を申し立てることができます。

ただし、調停を申し立てたからといって期待通りの額が請求できるとは限らず、例えば請求する側に夫婦生活を破たんさせた原因がある場合は、婚姻費用が減額される場合があります。

◇関連ページ:婚姻費用について

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

→ 探偵事務所を比較検討したい方はこちら

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.