不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。

離婚裁判

離婚の裁判

協議も調わず、調停も不調に終わった場合、最終手段としては裁判ということになります。

離婚そのもの、または離婚に関する慰謝料請求は、家庭裁判所に訴訟を提起します。

親権者の指定、財産分与、養育費に関することも離婚裁判の訴訟内容に含むことができます。(親権者の指定等だけでの単独訴訟の提起はできません。)

手続きとしましては、調停をした家庭裁判所より発行される調停不成立証明書、戸籍謄本を添付して訴状を提出します。

離婚問題で、裁判を起こす方は、全体の1%程度です。

それは、裁判には費用(多くは弁護士費用)と時間が掛かるということがあげられます。

手続き自体であれば、費用は3万円程度で済むと思いますが、弁護士に依頼するとなると、120万円〜150万円程度必要になるでしょう。(法律事務所により異なる)
時間は1年程を目安にすればよいと思います。

また、裁判で離婚を認めてもらう場合は、法定離婚事由が必要になります。

更に、相手に法定離婚事由があったことを、証明しなければいけません。

裁判を起こしてでも離婚したいのであれば、証拠等を揃えて、弁護士に依頼することをお薦めします。

慰謝料請求、親権者の指定など離婚に関する裁判は、ご自身だけでは限度があります。

知識に優れ、答弁に慣れている弁護士に依頼しましょう。

とはいえ、離婚そのものの裁判は、離婚を認める判決には意味がありますが、離婚してはいけない、同居しなければいけないということはできませんので、「絶対離婚したくない!」という方には意味がありません。

裁判所から離婚してはいけないといわれても、次の日に協議離婚で離婚届を提出すれば離婚は成立しますし、同居したくないのに、裁判所が無理やり同居させることはできません。

離婚裁判をお考えの方は、弁護士に相談されることをお薦めします。

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.