不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚と「お金」 > 別れた夫(妻)が自己破産した場合、共有名義のマンション(不動産)はどうなるの?

別れた夫(妻)が自己破産した場合、共有名義のマンション(不動産)はどうなるの?

夫婦共有名義で購入したマンションを離婚後も名義がそのままであることはよくあることです。

離婚したからといって、金融機関へローンを一括返済しなければ、名義を変えることはできないからです。

では、離婚後に相手が自己破産した場合、共有名義のマンションはどうなるのでしょうか?

夫婦が2分の1づつの持分で共有していた場合、片方が自己破産するとその持分が競売にかかります。

もし競売にかけられたマンションが落札されると、誰かわからない第三者がいきなり半分の権利を持つことになります(だいたいは不動産会社が落札します)。

マンションを落札した人は、マンションの所有者になりますので、その持分を渡すように要求することができます。

もちろん落札者はそのマンションを所有するのではなく、売ることが目的です。

競売で安く購入して、売却益を得るのが目的です。

持分の半分はまだ持っていますので、マンションの明け渡しをする必要はありません。

ですが、落札者が裁判所へ「共有物分割訴訟」をおこすとマンション全体が競売にかけられ、売却で得た代金を配分されることになります。

もし競売にかけられるが嫌であれば、マンションを買い取るしかありません。

買い取るお金があればいいのですが、現実的ではありません。

住宅ローンがまだ残っている状態であれば、金融機関から一括返済を要求される可能性も高く、どちらにしても資力がなければマンションを残すことは難しくなります。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

→ 探偵事務所を比較検討したい方はこちら

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.