不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚と「お金」 > 母子・寡婦福祉資金貸付金とは?

母子・寡婦福祉資金貸付金とは?

ひとり親の家庭に無利子で貸し付け

母子・寡婦福祉資金貸付金とは母子父子寡婦福祉資金貸付金のことで、20歳未満の子供がいるひとり親の家庭のための貸付制度です。

都道府県や指定都市などが貸し付け行っており、ひとり親の家庭の父母が働くための資金や、子どもの学費などのためのお金を貸して、経済的な自立を支援します。

返済の負担を減らすために無利子で貸し付けており、返済期間は資金の種類によって異なりますが、3年間から20年間です。

貸し付けには原則として連帯保証人がいる必要がありますが、連帯保証人が見つけられない母子家庭なども多いため、連帯保証人がなくても利用できます。

ただし、連帯保証人を立てない場合は、無利子ではなく1.5%の利子がつきます。

また、修学資金や修業資金、子どもの就職支度資金と修学支度資金に関しては、親が借りる場合は子を連帯債務者にすることで、連帯保証人なしで借りられます。

子どもが借りる場合は親が連帯債務者とすれば、無利子で利用できます。

このほか親が看護師や介護福祉士などの資格を取得する場合、高等職業訓練促進給付金と併用すれば資格取得のための勉強をする期間の生活費や、学費の負担を少なくできます。

資金用途が限られているので注意

母子・寡婦福祉資金貸付金は母子家庭、父子家庭を支援するための貸付制度ですから、用途が限られています。

利用できるのは親に貸し付ける事業開始資金、事業継続資金、技能習得資金、生活資金、住宅資金、転宅資金。子どもに貸し付ける修業資金、結婚資金、修学資金。親または子どもに貸し付ける医療介護資金、就学支度資金です。

貸付限度額は用途によって異なりますが、例えば制服などを購入するために借りる就学支度金では、公立高等学校で15万円、私立高等学校で41万円、公立大学・短期大学・高等専門学校などが自宅通学で37万円、私立の大学・短期大学・高等専門学校などで自宅通学する場合は58万円となっています。

この制度を利用する前に、近くの役所で相談する必要があります。

相談の結果、正当な理由での申請だと判断されたら申請書や必要書類を提出し、その後審査を受けて審査に通ると実際に貸し付けが行われます。

連帯保証人がいれば無利子で借りられるので、とても有利な貸付制度です。

子どもの進学や結婚など節目節目でまとまったお金が必要なときは、積極的に利用されてはいかがでしょうか。また、資格を取得すると安定した就職先が確保できます。

技能取得のための貸付金は、月額6万8,000円です。資格の取得を検討されている人にも、母子・寡婦福祉資金貸付金はおすすめです(これらの情報は2016年現在のものです)。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.