不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚に関するお金問題 > 慰謝料 > 不貞行為の相手方に対する慰謝料請求

不貞行為の相手方に対する慰謝料請求

不貞行為の相手方に対する慰謝料請求とは?

不貞行為とは、『浮気』や『不倫』と呼ばれるものですが、この不貞行為には必ず『相手方』がいます。
そしてこの相手方にも慰謝料を請求できる場合があります。

慰謝料請求の要件

  • 交際するにあたり、相手方は夫(妻)が既婚者であることを知っていたこと。または知らないことに過失があったこと。
    過失があったとは、一般的に考えて、既婚者であることはわかる状態であったが、気付かなかったなど。
  • 夫(妻)と相手方に一定期間、肉体関係があったこと。
    肉体関係が1度の場合、それが不貞行為にあたるかは不明となります。
  • 交際が終了して3年以上が経過していないこと。(あなたが知らなかった場合は除く)
    あなたが浮気の事実を知って、しかも交際が終了して3年以上経過していると、時効により請求できなくなります。
  • 不貞行為が夫(妻)の脅迫・暴力によるものではなかったこと。
    肉体関係が夫(妻)の脅迫・暴力などによる場合は不貞行為にはあたりません。
  • 不貞行為の証拠があること。
    あなたが、不貞行為を立証できる証拠を持っている必要があります。(写真や手紙、第三者の証言など。)なお、交際が開始した理由が、誘惑によるものか、双方の自然の愛情によるものかは関係ないとされています。(最高裁判所判例より)

以上の状況であれば、相手方に慰謝料を請求できる可能性があります。

どんな風に請求すればよいの?

請求の方法は様々です。

  1. 直接本人と会って請求する。
    早急に和解したい方は、この請求方法が早いでしょう。
    ただし、和解内容を書面にしておかなければ、後にトラブルになる可能性があります。
  2. 書面で請求する。
    相手方に会いたくない方は、この請求方法がよいでしょう。
  3. 調停を申し立てる。公平な第三者を交えて話をしたい、法的な場できちんと決めたいが裁判はちょっと・・という方は、
    調停を申し立てる方法もよいかもしれません。
  4. 訴訟を提起する。
    全く話し合いにならない、裁判ではっきりさせたいという方はこの方法になるでしょう。

どの請求方法を選ぶかはあなた次第ですが、弊社がお手伝いできるのは、上記「2」の書面で請求(書面作成)になります。

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.