不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 協議離婚について > 夫が公正証書の作成に応じません。どうすればいいですか?

夫が公正証書の作成に応じません。どうすればいいですか?

Q.離婚することは決まりましたが、夫が公正証書の作成に応じません。どうすればいいですか?

昔と比べて公正証書というものがだいぶ世の中に浸透してきていますので、公正証書を作ると強制執行されると知っている人も多くいるでしょう。

中には強制執行されることを恐れて、公正証書を作ることに応じない夫もいます。

離婚原因となった相手側から公正証書を作ろうという提案はまずありませんので、公正証書にしたい側からお願いするしかありません。

残念ながら公正証書は、双方の同意がなければ作成することはできません。

なぜ夫が公正証書の作成に応じないのか、単に作るのが嫌なだけなのか、はなから支払う気がないのか分かりませんが、公正証書を作成しなくても、他の手段があるということを分からせることが大事です。

離婚の話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停手続きを利用することができます。

調停を申立てると家庭裁判所から通知書(呼出状)が送達されてきます。裁判所が関与してしまえば、相手は無視をすることができなくなりますので、心理的な効果も期待できます。

もし相手が調停に来なければ裁判所から出頭勧告してもらえる場合もあります。

ちなみに調停は、離婚原因などの理由を問わず利用でき、相手の同意を得る必要もありません。

調停委員と当事者で話し合い、双方の合意ができれば調停が成立します。

調停が成立後したら「調停調書」が作成されます。調停調書は、裁判での判決と同じ効力がありますので、後で不服を申し立てることはできません。決められた金銭の支払いが万が一滞った場合、給料や財産を差し押さえること(強制執行)ができます。

つまり、離婚公正証書と効力に差はないのです。

もし、調停が不成立となった場合でも家庭裁判所が決定を下してくれる「審判」という手続きもあります。審判の決定書は調停調書同様に強制執行による取り立ても可能です。

それでも決まらなければ、最後の手段として「離婚訴訟」を起こすことができます。

調停の段階で弁護士さんに依頼することで、よりスムーズに話し合いが進むこともあります。どうしても相手が公正証書の作成に応じなければ、一度専門家に相談することも検討してみましょう。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.