不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 子どもについて > ひとり親家庭のための支援制度

ひとり親家庭のための支援制度

離婚後の生活は大変ですが、ひとり親家庭のための制度はいくつもあります。

市町村等の各自治体には、ひとり親家庭をサポートする支援や手当などの優遇制度があります。

離婚後の生活をスムーズにスタートさせるためにも、事前にどのような支援や手当があるのか、優遇制度の情報を収集しておきましょう。

お住まいの地域によって支援の種類・内容はそれぞれですので、詳しくはお住まいの各自治体の相談窓口にお問い合わせください。

最近は役所でも、とても丁寧に教えてくれますので、できれば直接窓口に出向いて話を聞けるとよいですね。資料をまとめてくれたものや、冊子のようなもの渡してくれるなど、対応してもらえるはずです。少し安心できる材料が増えるかもしれません。

よく知られている制度として、下記のような制度があります。

◇児童扶養手当

受給できる人

父又は母と生計を同じくしていない児童、父又は母が死亡した児童を養育している人等

請求窓口

お住まいの市区町村の担当課

手当の額

手当額は扶養義務者の前年の所得により異なり年単位で手当額が決定される。

児童1人あたり全部支給で41,020円、2人目からは5,000円が加算、3人目からは3,000円が加算(平成26年4月以降)

◇ひとり親家庭医療費助成

対象となる人

ひとり親家庭の父又は母及び養育者、養育者に扶養されている児童

請求窓口

お住まいの市区町村の担当課

助成内容

健康保険証を使って支払った医療費の自己負担分の一部が助成される

所得制限

前々年分の所得が一定額以上の場合、助成を受けることができない

意事項

国民健康保険、社会保険などの健康保険に加入していることが前提要件。生活保護を受けているときは受給できない。

◇母子・父子・寡婦福祉資金貸付金制度

対象となる人

ひとり親家庭の親、寡婦の方

請求窓口

お住まいの市区町村の担当課

制度内容

無利子または、低利子での修学資金等の貸付を受けることができる

貸付要件

資金ごとに貸付限度額や償還期間などの貸付要件が定められており、償還能力や貸付けの必要性等について審査される。

その他

その他、住民税や所得税の軽減、JRの通勤定期の特別割引、水道・下水道使用料の減免などがあります。これらは自らが申請しない限り適用されませんので、必要であれば手続きを行うようにしましょう。

ひとり親になった場合、色々な支援制度があり、就職支援のため無料の就学講座などが受講できたりします。

しかし、これらは当たり前ですが『離婚後、ひとり親』になってからの助成です。

そうすると、離婚後、収入もなくすぐにでも働かないといけない人にとっては、しょせん利用できないのではないかと思いませんか?

確かに無料で受講できるパソコン講座や簿記の講座などは魅力的ですが、なかなか利用できないものですよね。

それなら、今、主婦であればその立場を最大限利用して、今から資格をとりに学校に通う、パートやアルバイトを探して、今後のキャリアや転職なども視野に入れる、など準備を整えていたほうが得策だと言えるでしょう。

支援を利用する、利用しない(できない)にかかわらず、離婚後の生活を想定して事前に行動することが大事です。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.