不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 子どもについて > 親権に関するQ&A

親権に関するQ&A

親権に関してよくあるご質問

Q.離婚することになりましたが、親権者が決まりません。

親権者を指定しなければ離婚そのものができません。

夫婦に未成年の子どもがいる場合、親権者を指定しなければいけません。夫婦が話し合い親権者を決めるのが原則ですが、もし決まらない場合は、家庭裁判所へ親権者を決める為の調停を申し立てる事になります。

親権者指定の調停を申し立てをしたものの、調停が不成立になった場合は、自動的に審判に手続が移行され、家庭裁判所が一切の事情を考慮して親権者を定めることになります。

Q.元夫が親権者となってますが、私を親権者に変更したいのですが。

親権者の変更は家庭裁判所へ申し立てが必要となります。

親権者の変更は、親権者の指定とは異なり、例え親であっても協議だけで変更することはできず、家庭裁判所へ親権者変更の申し立てが必要です。

家庭裁判所では、「子どもの利益・福祉のために親権者を変更する必要があるか」どうかを判断され、認められた場合に親権者を変更することができます。

親権者の変更に際しては、子どもがある程度の年齢であれば、子どもの意思や希望を尊重されますが、必ずしも親権者が変更できるわけではございません。

Q.親権者でないと子どもと生活できませんか?

子どもの監護者になれば親権がなくても子どもと一緒に生活ができます。

原則、親権は監護権を兼ねていますが、離婚することに伴い、親権者と監護者に分けることができます。監護者になれば子どもと一緒に生活することができます。

しかし、例え母親が監護者となり子どもを育てることに合意したとしても、離婚届には親権者を指定する欄しかありませんし、戸籍に監護者が載るわけでもありません。

親権と監護権を分けた場合、離婚協議書公正証書できちんと証拠を残しておかなければ、監護者だと証明することができませんのでご注意下さい。

Q.元夫が死亡しました。私が親権者となり子どもと一緒に生活したいのですが。

親権者でない母親が自動的に親権者となるわけではありません。

親権者が死亡し、未成年の子どもがいる場合、後見人がおかれます。

後見人とは、未成年者に対して親権を行う者がないときや親権者が管理権(財産に関する権限)を有しないときに、子の法定代理人となる者のことをいいます。

後見人は、家庭裁判所が決定しますが、この際必ずしも残った親が後見人、親権者とはなりません。残った親が親権者になろうとする場合、家庭裁判所に親権者の変更を申し立てて認められる必要があります。

ただしこの場合でも必ず親権者になるとは限らず、亡くなった親権者(夫)の両親が子どもの後見人選任の申し立てをした場合、これまでの生活環境などを考慮し、亡くなった親権者の両親を子どもの後見人とする場合もあり、家庭裁判所の判断次第となります。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.