不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 子どもについて > 子どもを同じ戸籍に入れる。

子どもを同じ戸籍に入れる。

子どもの戸籍

離婚をすると夫婦は戸籍が分かれます。

しかし、子どもの戸籍・姓は何も変わりません。

母親が親権者になった場合でも、子どもの戸籍が自動的に母親の戸籍には移動されることはなく、何も手続きしなければ子どもの戸籍・姓は「そのまま」です。

両親が離婚したからといって子どもは影響を受けません。つまり離婚届を出しただけでは子どもは父親の戸籍・姓のままとなります。

  • 母親が婚姻中の姓を名乗る場合・・・母子とも同じ姓だが、子どもと戸籍は別。
  • 母親が旧姓に戻った場合・・・母と子の姓が異なり、子どもと戸籍も別。

子の氏の変更許可の申立

母親が親権者になり、子どもの姓・戸籍を母親と同じにしたい場合、離婚後に母親が新しい戸籍を作り、子どもの住んでいる住所を管轄する家庭裁判所に『子の氏の変更許可の申立書』を提出しなければなりません。

  • 子が15歳未満の場合・・・母親(親権者)が申立てを行います。
  • 子が15歳以上の場合・・・子本人が申立てを行います。

家庭裁判所に子の姓の変更が認められれば、許可審判書が交付されますので、『入籍届』を添えて役所に提出することで、子どもと同じ戸籍になります。

  1. 離婚届を役所に提出する
  2. 家庭裁判所に『子の氏の変更許可』の申立をする
  3. 家庭裁判所の許可を受ける
  4. 役所に『許可審判書』を付けて『入籍届』の手続きを行う

また、15歳未満の子は自分の意思に関係なく姓を変更されてしまうことがあります。

この場合、子どもが成人して1年以内に限り、本人の意思で変更前の姓に戻ることができます。

届け出は、20歳から21歳になるまでの1年以内に役所に行わなければなりません。

ポイント!

裁判所から変更が許可されても、役所に「入籍届」の手続きを行わなければ子の氏は変わりません。家庭裁判所から許可審判書が郵送されてきたら、必ず役所で入籍手続きを行ってください。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.