不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚に関するQ&A > うつ病を原因に離婚できますか?

うつ病を原因に離婚できますか?

Q.うつ病の夫と離婚したいのですが、うつ病を原因に離婚できますか?


よく聞かれる質問ですが、うつ病だけを原因での離婚は難しいと言えるでしょう。

法的な離婚原因として、回復の見込みのない強度の精神病がありますが、これで離婚が認められるのは、長期の治療を行っても回復の可能性が薄いことや、離婚後の生活の目途がある程度たっていること、その他、治療に十分協力していたなど、特別な理由が必要となります。

ですから、うつ病は回復の見込みがあると考えられ、それを理由にすぐ離婚が認められる可能性は低いでしょう。

これと同じように、アルコール依存症なども、回復の見込みがあると考えられますので、離婚原因とするのは難しいようです。

しかし、全く離婚が認められないわけではありません。

主張の仕方によっては、違う離婚原因として離婚が認められる可能性はあります。

それは、婚姻が継続し難い重大な事由に当たる場合です。

一概には言えませんが、うつ病の療養に協力しても、本人が全く療養する気がない場合や、今後の療養、生活等、様々な状況が考慮されて、婚姻を継続するのが難しいであろうと判断されると、離婚が認められる可能性はあるでしょう。

ちなみに、アルコール依存症の他にも、薬物中毒、ヒステリー、ノイローゼなども、離婚原因とは認められません。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.