不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 離婚に関するQ&A > 離婚に関する専門家について教えて下さい。

離婚に関する専門家について教えて下さい。

離婚の相談時によくある質問として、

『弁護士と行政書士はどう違うのですか?』

『司法書士との違いは?』

などがございます。

確かに、弁護士についてはみなさんご存じですが、行政書士との違いについては、あまりご存じで無い方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、離婚問題における、弁護士・司法書士・行政書士の実務の違いを説明したいと思います。

【弁護士】

弁護士は、みなさんもご存じのとおり、代理人として全てを扱うことが出来ます。

例えば、協議離婚(話し合いでの離婚)の場合ですと、相手方との交渉から離婚協議書等の契約書の作成まで、全て依頼者に代わって実務をすることが出来ます。

相手からの連絡も、依頼者ではなく弁護士宛となりますので、依頼者は相手と直接の話し合いを避けることが出来ます。

また、調停や裁判になった場合も、代理人として同席もしくは単独で出廷、答弁をしてくれます。
とても心強い味方ですね。

【司法書士】

司法書士については、法務局での登記の手続きが代表的ですが、司法書士は裁判所に提出する書類の作成も行うことが出来ます。

認定司法書士になると、目的物が140万円以下の簡易裁判では、代理人として弁護士と同様に依頼者を代理することも出来ます。

簡易裁判までは起こさなくとも、目的物が140万円以下であれば、代理人として相手方と交渉することも出来ます。但し、家庭裁判所管轄の代理人にはなれませんので、離婚の調停や裁判に参加することは出来ません。

離婚の調停や裁判の場合は、書類の作成のみ依頼することが出来ます。

ですから、「弁護士に依頼するのはちょっと・・」と思っていらっしゃる方で、
「でも書類の書き方が分からなくて不安」という方には、強い味方になってくれます。

また、不貞の相手方に対する慰謝料請求などは、請求額が140万円以下であれば、認定司法書士に代理をお願いすることが出来ます。

その他、財産分与に不動産がある場合は、離婚後の名義変更までお願いすることが出来ます。
但し、不動産の財産分与が無い場合には、離婚協議書等の契約書を作成することは出来ません。

【行政書士】

行政書士は、調停や裁判の参加はもちろん、裁判所に提出する書類の作成など、裁判所管轄の実務は一切取り扱えません。

行政書士が扱えるのは、協議離婚における離婚協議書等の契約書、及び内容証明の作成となります。

ですから、ご夫婦二人で話し合い、養育費や慰謝料、財産分与などを取り決める場合には、行政書士がお手伝いすることが出来ます。

不動産の財産分与がある場合でも、離婚協議書をそのまま名義変更の添付書類に使用できますので、改めて司法書士に作成してもらう必要はありません。

以上が、離婚問題における実務の違いですが、簡単にまとめますと、

  1. 全てを任せたい・・・弁護士
  2. 調停・裁判の書類作成をお願いしたい・・・司法書士
  3. 財産分与をお願いしたい・・・司法書士
  4. 協議離婚に関する書類作成をお願いしたい・・・行政書士
  5. 内容証明作成をお願いしたい・・・行政書士

といったところでしょうか。

それぞれ扱う分野が異なりますので、ご自身の状況にあった専門家選びをして頂けたと思います。

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.