不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 社内不倫のデメリットとは?

社内不倫のデメリットとは?

shanai-hurin

不倫の中でも、もっとも典型的なケースといえるのが社内不倫です。特に既婚者と未婚者の不貞行為はよく見られます。

日常的に既婚者と未婚者が顔を合わせる職場で、しかもプライベートにまで踏み込む機会があり、就業環境によっては家族よりも長い時間一緒に過ごすこともあるわけですから、不倫に陥りやすい条件が揃っているといえるでしょう。

しかし、不倫に陥りやすい一方で多くのデメリットを抱えています。

まず不倫が露呈しやすいこと。

連日顔を合わせるのは不倫相手だけでなく、職場の多くの同僚も同様です。肉体関係を結んだ男女間の微妙な変化を、周囲の人たちに感づかれやすいのです。自然に振る舞おうとしても、そこかしこに相手への意識がにじみ出てしまいますし、隠そうとすると却って不自然になってしまうものです。

少しでも不審に思われると、あっという間に社内にうわさが広がってしまいますし、詮索の目に晒されて、いつ気づかれるかわからない状況に陥ってしまうこともあります。同僚なら帰宅時間や通勤ルートなども把握していますから、少しでも普段と異なる行動をとるだけでも怪しまれてしまいます。

万一パートナーがうわさを聞きつけたり、日々の生活の中で不審に思った場合、すぐに情報を入手しやすいのも社内不倫の大きなデメリットです。不倫相手を特定しやすいですし、社内で情報提供者を探すのもそれほど難しいことではありません。

思い切って上司に相談して見張ってもらうといった行動をとった場合、意図的に2人の関係を試されるような指示が上司から下されるかもしれません。

不倫が露見してしまった後も、さまざまなデメリットが生じます。同じ職場で働いているのですから、個人情報の入手も容易ですぐに相手を特定されてしまいますし、相手方の家族までも巻き込んだ形で、話し合いや決着を求められるケースも出てきます。

さらに、仕事を続けられなくなるのも大きなデメリットです。

少なくともどちらか一方は辞めなければならないでしょうし、残った側もかなり居心地の悪い環境で働き続けなければなりません。

上司の印象も悪くなりますし、社内にうわさが広がってしまっていた場合には人事部の評価も悪化して、左遷や異動といった可能性も出てきます。また、人格的に信頼できない人間と判断されてしまうことで、大事な仕事を任せられなくなってしまうケースもあるでしょう。

このように、社内不倫は機会が多い一方、さまざまなデメリットを抱える行為です。

露見のリスクだけでなく、露見した後のデメリットも踏まえておかなければならないのです。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.