不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 慰謝料に関するQ&A

慰謝料に関するQ&A

Q.どのような場合に慰謝料を請求できますか?

不倫・暴力などで精神的苦痛を受けた場合請求できます。

慰謝料は、精神的な苦痛やショックなどの損害を受けた者が、その原因を作った相手に対して請求することができる、損害賠償です。

不倫、肉体的・精神的な暴力、生活費を入れない、行方がわからない、サラ金などの過度の浪費、通常の性交渉の拒否などがあります。これらを原因として離婚に至った場合、慰謝料を請求することができます。

Q.一度だけの不倫でも慰謝料を請求できますか?

一度だけの不倫でも慰謝料を請求することができます。

たとえ一度だけの不倫であっても不法行為(不貞行為)に変わりありませんので、慰謝料を請求する事ができます。ただし、慰謝料の額は継続的に行われた不倫よりも低くなる傾向にあります。

もちろん夫が納得して支払う金額であればいくらであっても問題はありません。

Q.不倫の証拠がありませんが慰謝料は請求できますか?

不倫の証拠がない場合の慰謝料請求は難しいとお考えください。

証拠が無くても相手(夫)が不倫を認めており、慰謝料を支払うことに合意すれば問題ありません。

しかし、夫が不倫を認めない場合、証拠がなければ慰謝料を請求しても支払われるとは限りません。話し合いでは解決せず、裁判になると裁判所は証拠主義ですので、不貞行為(不倫など)の証拠が不十分な場合、請求が認められない可能性が高いでしょう。

もし証拠がなくても夫が不倫を認めているのであれば、謝罪文や合意書などの書面を必ず作り、証拠を残すようにしましょう。後々争いがあった場合、不倫を認めた確実な証拠となります。

Q.離婚後に夫が不倫していたことを知りました。慰謝料は請求できますか?

不倫の事実を知ってから3年以内であれば慰謝料を請求できます。

慰謝料請求の時効は、離婚時に不倫が分かっていた場合は離婚してから3年です。

もし、不倫を知らずに離婚して、離婚後に不倫の事実を知った場合は、その不倫を知ってから3年以内であれば慰謝料を請求することができます。(請求はできますが、証拠がなければ支払われるとは限りません。)

ただし離婚時に、離婚協議書等で「何らの請求をしない」などと清算している場合は、慰謝料の請求はできませんのでご注意ください。

Q.不倫の相手にも慰謝料は請求できますか?

不倫相手が夫が既婚者であることを知らなかった場合、不倫相手への請求はできません。

不倫の相手へ慰謝料が請求できるのは、相手が夫が既婚者であると知っていながら不倫をした場合です。夫が独身などと嘘をついており、既婚者だと知ることができなかった場合は相手には不倫の責任を問えません。

この場合、夫の不倫と同様に相手が不倫を認めていれば証拠は必要ありませんが、認めない場合は証拠が必要となります。実際に不倫していなかった場合に慰謝料を請求してしまうと、不倫相手から逆に訴えられてしまう可能性がありますのでご注意ください。

Q.夫へ慰謝料を請求したいのですが相場を教えてください。

慰謝料の相場はケースバイケースです。

慰謝料とは精神的な苦痛をお金に換算しますが、極めて個別的なものであるため、明確な計算基準が定められているわけではありません。

ですので、相場はあってないようなものです。よく100万円~300万円と聞きますが、それは裁判所に持ち込まれた事例の統計です。実際に話し合いで決める場合には相手の支払い能力によっても左右され、こればかりは、お互いの話し合いか裁判によって異なりますので一概には言えません。

まずは、あなたはいくらであれば補償として足りるのかをお考えください。

Q.慰謝料の支払いに応じない場合はどうしたらいいですか?

家庭裁判所に慰謝料請求の調停を申し立てをしてください。

夫が慰謝料の支払いに応じない、話し合いがつかない場合は、家庭裁判所に『慰謝料請求の調停』を申し立てます。

離婚前であれば、『離婚調停』の中で慰謝料について話合いをすることができます。それでも話し合いがつかない場合は、裁判によることになります。

訴える裁判所は、相手の住所地または自分の住所地を管轄する地方裁判所です(請求額が140万円以内の場合は簡易裁判所)。

訴訟になると訴状を作る段階から法律の専門知識が必要になります。裁判を考えていらっしゃる方は一度、弁護士の先生へ相談されることをお勧めします。

Q.夫とは内縁関係ですが浮気が発覚しました。浮気相手に慰謝料を請求できますか?

内縁関係でも貞操義務があるので請求できます。

内縁とは、婚姻届を出していないが、男女が協力し合って夫婦としての生活を営んでいるもので、事実婚ともいわれます。

内縁関係は婚姻に準ずる関係ですので貞操義務が認められます。よって内縁とはいえども、婚姻婚と同様に浮気相手に慰謝料の請求ができます。

Q.別居後、夫が不倫しました。慰謝料は請求できますか?

夫婦関係が破綻しているかどうかによります。

慰謝料が発生するのは夫婦関係が正常な状態で起きた不倫に対してです。離婚することに合意して別居し、その後不倫した場合、まだ離婚届は出していなくても別居の時点で夫婦関係が破たんしていたと考えられますので、慰謝料の請求は認められない可能性が高いといえます。

ただし、別居開始後間もない時期の不倫ですと夫婦関係が破綻しているまでとは言えず慰謝料が認められる可能性もあり、『不貞行為当時に夫婦関係が破たんしていたかどうか』が重視されます。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.