不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 慰謝料請求をされてしまった!

慰謝料請求をされてしまった!

不貞行為を行って慰謝料請求された場合の対処法

不貞行為を行った結果、その相手のパートナーから慰謝料を請求されてしまうこともあります。

不貞行為について反省し、素直に払う気がある人はほとんどいないでしょう。自分のパートナーに対して後ろめたい気持ちもありますし、慰謝料の請求額に納得のいくケースはほとんどないからです。

お互い感情的になりやすいですから、払う払わないで話がこじれて、裁判沙汰にまで発展してしまうこともあります。

慰謝料を払う気があるにしろないにしろ、請求された時には、その内容が適切なものかどうかを確認しておく必要があります。

中には美人局のような詐欺まがいの行為が関わっている可能性もあるからです。確認事項としては、まず差出人を見ておきましょう。

不貞行為の相手方の名前の場合と、弁護士や行政書士といった専門家の名前の場合の2通りがあります。後者の場合は、本格的に請求にきたと判断できますし、その請求額には法的な根拠が伴っていることが窺えます。

その意味ではより深刻ではあるのですが、逆に言えば合法的な手段での解決を目指していることも意味しており、脅迫まがいの請求や、突然家まで押しかけてくるといった、強引な手法は取らないと考えられます。

一方個人名義の場合は、これから直接交渉で話を進めていく必要があることを意味しています。

弁護士や行政書士の名義で請求が行われた場合には、条件が記載されているケースが多くなります。いつまでも連絡してこない場合には法的措置をとる、などです。そのため、放置せずに必ず交渉のテーブルにつくよう心がけましょう。

注意が必要なのは、個人名義で連絡がきた場合です。

先述した脅迫まがいの請求をしてくるケースなど、危険が伴う可能性もあります。不貞相手の性格や素行などをよく思い出し、トラブルに巻き込まれる危険性があると判断した場合には、弁護士や行政書士といった専門家に相談して対策を練るようにしましょう。

そうすれば、相手が強引な手段や不法行為に出た場合にも適切に対処できますし、その後の交渉を有利に運ぶことができます。

それから、不貞の事実や詳しい状況について整理しておきましょう。請求された内容には、デタラメや誇張が含まれていることも多く、それを否定・訂正できる証拠を揃えておくことで、適切な対処が可能になります。

それができないと、あることないことを認めさせられた挙げ句に、明らかに過大な慰謝料を支払わされることにもなりかねません。

こうした点に注意し、適切に対応できるよう準備をしていきましょう。不貞行為を行ってしまった場合には、過剰に下手に出ても、居直ってもいけません。できるだけ冷静に話を進めていくことが大事です。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.