不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。

慰謝料とは?

離婚の慰謝料とは、例えば夫が浮気をして、それが原因で夫婦関係が壊れた場合や夫から暴力を受けた場合などに、妻が受けた精神的苦痛の損害を賠償するという意味で支払われる金銭です。

ですので、離婚の原因が性格の不一致や価値観の違いなど、夫婦のどちらか一方に離婚の責任があるとはいえない場合や、お互いに原因がある場合などは、慰謝料の対象にはなりません。

離婚の原因が浮気や暴力など明らかに原因がある場合は別として、どちらか一方だけに責任があるということはそれほど多くはありません。

ほとんどの場合、双方に何らかの責任があるものだからです。

離婚の慰謝料が発生する典型例は下記のようなものがあります。

  • 不貞行為(不倫)
  • 生活費を渡さない(悪意の遺棄)
  • 賭け事や浪費などでの家庭崩壊
  • DV、日常的な暴力
  • 度を超える性交拒否や性的異常

実際慰謝料を請求するには証拠を揃えておく必要があります。

  • 暴力を受けた日時、場所、具体的な様子などのメモ、診断書
  • 愛人とホテルへ入った写真
  • 自分が受けた精神的、肉体的な苦痛を記録した日記
  • 電話の通話明細

不貞行為の場合、不倫の証拠がなくても、相手が不倫を認めており、慰謝料を支払う合意があれば問題ありませんが、裁判になった場合は、第三者からみても不倫があったと分かる証拠が必要です。

デートしている、二人だけで食事している、メールで愛が告白されていた、携帯電話の着信記録があったというだけでは、慰謝料が請求できる直接証拠とはいえないでしょう。

慰謝料の相場

そもそも慰謝料というのは精神的苦痛に対する損害賠償ですので、相場はあって無いようなものです。

そして、極めて個別的なものであるため、明確な基準が定められているわけではありません。

慰謝料の額については、ある統計によれば100万円~300万円くらいまでが多いようですが、実際には相手側の支払い能力によっても上下しますので、基本的には話し合いで決定します。

例えば、年収が300万円に夫に500万円請求したとしても払えない可能性が高く、調停や裁判になると500万円という高額の慰謝料が認められるケースは少ないといえます。

慰謝料をいくら請求するかご自身で自由に決めていただいて構いませんが、相手の支払能力やどこまで妥協できるかによって請求額も変わることになります。

どうしても離婚したいという願望が強ければ強いほど、支払う立場であれば、慰謝料は高くなるでしょうし、請求する立場であれば低くなるということになります。

慰謝料は一括払いでもらおう!

慰謝料を確実に受け取るためには、一括払いにすることです。

分割になると相手が途中で支払わなくなったり、さまざまなトラブルが予想されるからです。もし分割払いしか払えない場合は、初回の支払額をできるだけ多く支払われるようにすることが大事です。

離婚協議書」には、支払われる期間・金額、支払方法についてに具体的に明記するようにしましょう。

慰謝料の時効

慰謝料の時効は、離婚が成立したときから3年です。

離婚後も請求は可能ですが、時効を過ぎたり、証拠がなくなったりとトラブルがつきもですので、できれば離婚する前に請求することをお勧めいたします。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.