不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 不倫をネタに脅迫する行為

不倫をネタに脅迫する行為

不倫や浮気は、民法によって規定されている「不貞行為」にあたります。

精神的苦痛は計り知れないでしょう。

一生の伴侶として、共に同じ時間を生き、生活を共にしていた人間に裏切られてしまうわけですから。

ただ、不貞行為をされたからと言って、その不倫相手や不貞行為をしている当事者等に対して、何をやってもいいことにはなりません。

不倫をネタにした「強迫」や「恐喝」は、その行為辞退が違法になります。

「不倫の事実を職場にバラすぞ」

「親に告げるぞ」

「世間に公表するぞ」

「職場にバラすぞ」

さもなければ、高額な慰謝料を支払え!

とは、言えないのです。言わせてもならないのです。

例え浮気をされたとしても、絶対にやってはいけないことです。

慰謝料とは、あくまでも、精神的な苦痛を受けたその賠償として、相応の金額を支払わせるものです。

お互いの合意が無ければ、慰謝料を払わせることはできないのです。

相手方の要求を全て飲む必要はありません。恐喝や脅迫などされた場合(またはその疑いがある場合)は、すぐに弁護士に相談しましょう。

ひどい場合は、警察にも相談にいきましょう。

脅迫によって精神不安を引き起こし、心療内科に通うような事態になった場合は、診断書を取り、逆提訴も可能になります。

スポンサードリンク


脅迫や恐喝はNG!

不倫され、相手が憎くてしかたがない。。。。。

慰謝料請求だけでは済ませないぞ!!

と憤慨はしても、決して、過激な手段を取ってはいけません。

まずは、不倫の背景をしっかりと検証する。証拠を押さえる。

不倫相手は、不倫とは知らなかった可能性もあります。

証拠を押さえることなく、相手方の社会的地位を侵害すれば、不倫とは別の訴訟になる可能性もあります。

名誉毀損や脅迫、恐喝として訴えられかねない。

弁護士に相談し、粛々と慰謝料を請求しましょう。

感情的になるお気持ちは分かりますが、ぐっと堪えてください。

脅迫や恐喝をされたら?

元々、精神的な苦痛の絶対量は計測することができません。

これまで営んできた夫婦関係や不倫の経緯を吟味して、どの程度の金額が妥当なのかということを、専門家に相談し、しっかりと見極めることが必要になります。

当人間で納得すれば、裁判に持ち込まずに済むケースもあります。

慰謝料が最初から妥当な金額であれば弁護士などを挟まずに、当事者間だけで示談が成立する場合もあります。

ただ、あまりにも法外な金額であったり、立ち入り制限や退職強要、転居強要などをされた場は、示談を受け入れる必要はありません。

納得できないことは納得できないと相手に伝える必要があります。

速やかに弁護士に相談し、脅迫や恐喝には屈しないという意志をしっかりと示すことが大切です。

その結果、社会的な地位が侵害されてしまった場合も、その倍賞を求めることが可能です。

不倫の解決手段は慰謝料以外には無いと考えても、差し支えはありません。

スポンサードリンク


【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.