不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 婚姻関係破綻後の不倫について

婚姻関係破綻後の不倫について

不倫や浮気が露呈した際、そのことにより精神的に傷ついた配偶者が慰謝料を請求できるのは、その不貞行為によって、「正常な夫婦関係が破綻し、従来であれば円満に家庭を築き、将来に渡って生活できたはず」の権利を侵害されたからです。

(関連記事:不貞行為とは?

つまりは、不倫のタイミングで婚姻関係が事実上破綻していた場合、慰謝料請求が認められないケースがあるということです。

夫婦がすでに別居していて、夫婦としての関係も皆無、籍がまだ抜けてないというだけの状態であった場合、その不倫は不法行為に当たらないとされています。

不倫が不法行為である理由は、「その行為によって、一方の利益を害することに繋がるからで、すでに、婚姻関係が破綻している夫婦の場合は、不倫によって生じる不利益がない」とみなされるのです。

そのため、実際の慰謝料請求裁判では、不倫が始まったタイミングと婚姻関係が破綻したタイミングの前後が争点となるケースが多くあります。

不倫相手にとっては、「結婚生活はもうとっくに終わっている」と聞かされていた場合に、責任を負う必要がない可能性もあるということです。

不倫関係の事実を概ね認めて、逆に訴えを起こした側の夫婦関係に関して、不倫相手側が「既に婚姻関係は破綻していたのでは?」と言及するケースもあります。

不倫による慰謝料が認められるのは、その不倫で夫婦関係が破綻した場合のみだということをしっかりと押さえておきましょう。

別居の事実があった場合、夫婦間の性交渉が長期に渡ってない場合も、関係は破綻していたとして扱われることがあります。

不倫に関する係争は極めてプライベートな部分を公に晒すことにもなりかねません。

慰謝料を請求する側にとっても、夫婦の痛い・恥ずかしいところを突かれる可能性があるのです。

ただ、確実にその不倫がきっかけで婚姻関係が破綻したのであれば、不倫した当人たちにしっかりと責任を取ってもらう必要があります。

離婚裁判までもつれた場合は、恥ずかしい、自分にとって不利なことも法廷で証言しないといけなくなるかもしれません。でも、逃げていても何も始まりません。

勝手な浮気で、離婚をする羽目になったのであれば、有責配偶者とその不倫相手位には、慰謝料という形できっちりと損害を賠償してもらいましょう。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

→ 探偵事務所を比較検討したい方はこちら

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.