不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 不倫の「証拠能力」について

不倫の「証拠能力」について

結婚相手が不倫や浮気をしていることになんとなく気がついてしまったという場合、まずは相手を問いただすという選択肢もありますが、相手が不倫をそのまま認めるケースは、少ないです。

結婚している状態での浮気や不倫は社会的に悪とされていて、離婚の原因になり得ます。

また、不倫をした側が悪いということになることがほとんどですので、不倫をした当人にとって、浮気の事実が露呈するということは、経済的損失を伴う一大事です。

こうしたことから、離婚の際の争点が不倫をしたかどうかの事実関係一点に絞られるケースもあります。

離婚を持ちかけ、慰謝料を請求しようと考えている場合は、相手が間違いなく不倫をしているということを立証できる状態で、スタートすることが大切になります。

ただ、その証拠、つまり不倫の証拠能力を持った何かを掴んでおく必要があります。

例えば自分ではない誰かと会うための約束をしているメールを見つけた、というだけでは情況証拠にしかなりません。それで相手が確実に不倫をしたどうかという証拠にはならないのです。

離婚の原因になり得る不倫は、専門的には「不貞行為」と呼ばれています。

結婚した際に守ることが求められる貞操に関して、著しく脱したと判断されるのは違う人との性行為です。

つまり、相手が不倫をしたという証拠を掴むということは相手の性行為の証拠を掴むということでもあります。

ただ、実際に自身の伴侶が自分以外の誰かと性行為に及んでいる様子を撮影するのは困難ですので、それが確定的な何か違う局面を押さえておく必要があります。

不倫の証拠能力を持つものとして一般的なのは、伴侶が違う誰かとラブホテルなど、性行為を前提とした場所に立ち入る様子を抑えた写真や映像です。

チェックインした様子とその時間、そしてチェックアウトした様子とその時間が記録されていれば、そのまま確定的な証拠として用いることができます。

このような証拠に関しては個人で入手することが困難なものでもあるため、興信所や探偵などに依頼して抑えることもあります。

もちろん相手が自身の不倫を認めている場合はこの限りではなく、証拠がなくても離婚の理由として成立しますし、慰謝料を請求することも可能になります。

あくまでも相手が認めない場合、離婚に応じない場合の係争で必要になる証拠ということになります。

メールや人から伝聞だけでは十分な効力がないということをしっかりと抑え、実際に行動を起こすために改めて証拠が必要ということを理解しておく必要があります。

浮気調査のプロである探偵の活用も視野に入れよう。

探偵などを利用して、不倫調査を行うという方法もあります。

探偵は、浮気・不倫調査のプロです。確固たる証拠を抑えてもらい、貴重な裁判資料とすることで、その後の和解、調停、裁判で、勝訴に向けて、有利に進めていけます。慰謝料の算定においても証拠があれば、強気に出れます。

探偵による不倫・浮気調査については、当サイトと姉妹サイトである「探偵事務所.com」に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.