不倫の慰謝料請求と離婚をお考えのあなたへ。当サイトで不倫の慰謝料請求とその後の離婚手続きに関する知識を身に付けてください。

不倫慰謝料ドットコム 不倫慰謝料ドットコム
不倫の慰謝料と離婚をお考えのあなたへ。
不倫慰謝料ドットコム > 不倫慰謝料について > 求償権-不倫の慰謝料。自分だけのせいではない??

求償権-不倫の慰謝料。自分だけのせいではない??

不倫や浮気をしていることバレて、慰謝料を請求されてしまった場合、その事実をあなたが、認めるのであれば、当然、慰謝料を支払う必要が出てきます。

自分が浮気相手の場合も同様です。

あなたが独身で、既婚者と不倫をしている場合も、不倫相手の配偶者から不法行為の慰謝料請求を受けることがあります。

その場合に複雑なのが、

不倫相手は離婚しない、それでも、不倫がバレてしまったので、慰謝料を請求されて、

更に、相手とも関係を解消しなければいけないという、一方的なケースです。

不倫や一人ではできない!あなた「だけ」が悪いわけじゃない。

ここで留意したいのは、不倫や浮気は、「一人ではできない」ということです。

当然ですね。

ただ、意外とこの事実を忘れがちなのですね。

つまり、その不倫や浮気によって、不倫相手の配偶者が精神的な苦痛を負ってしまった時、それを賠償する責任は、「不倫した二人」にあるのです。

慰謝料請求側からすれば、自分の夫(又は妻)は、たぶらかされただけだ。

浮気相手から慰謝料を取るだけ取って、婚姻関係は維持したいと考えるケースも少なくありません。

この場合、どうすればよいでしょうか?

求償権とは?

求償権というものがあります。

一旦、自身が慰謝料を全額負担したとしても、相手が抱えている責任の割合分は、当人に負担してもらう権利です。

その不倫関係があくまでもイーブンなものであるとするのならば、支払った金額の半額を請求することができます。

逆に、慰謝料請求側からして見れば、支払う相手が一人であっても二人であっても、請求できる金額に差は出ません。

あくまでも精神的な苦痛は一定量のものであり、それを補填するためのお金を請求するのが慰謝料だからです。

つまり、

夫婦の片方が不倫をする。

不倫された側が、愛人に慰謝料を請求。

愛人は支払いをする。

夫婦が離婚しない場合、その半額分を、その愛人から不倫した方へ請求することが出来る。

のです。

愛人側は慰謝料の負担を半額、あるいはそれ以下で済ますことができる可能性があるということです。

まとめ

慰謝料請求側は、これらの事を十分に加味した上で、慰謝料を請求する必要があります。

逆に、請求された側は、すべてが自分の責任ではないということを知る必要があります。

これを知らずに全額負担して泣き寝入りするケースも多々ありますので、慰謝料を請求されてしまった場合も、焦らずに冷静に、対処する必要があります。

お近くの弁護士にまずは相談してみましょう。

知り合いに弁護士がいない場合は、弁護士会などで問い合わせをすれば、弁護士を紹介してくれます。

もちろん、弁護士費用はかかりますから、普段から生活資金意外にも、十分な貯金をしておきたいところですね。

お金がなければ、弁護士を雇うこともできませんし、泣き寝入りするしかありませんからね。

なお、これらの慰謝料請求事件で、争点になるのはその不倫の「経緯」です。

相手が誘ってきた場合、そして肉体関係を持ってしまってから相手が結婚していることが判明したというケースでは、あなたご自身の負担は、軽くなるケースがあります。

探偵コンシェルジュサービスのご案内

あなたにぴったりの信頼できる探偵事務所を紹介してもらえる、2大探偵コンシェルジュサービス!

  • 探偵に直接相談する前に、大体の料金が知りたい
  • できるだけ探偵費用を安く抑えたい
  • 電話(メール)一本で手間をかけたくない(色々な探偵事務所に問い合わせたくない)

そんな方は是非こちらの2社をご利用ください。

【探偵探しのタントくん】

探偵さがしのタントくん

【街角探偵相談所】

街角探偵相談所

【これらの記事もお勧めしています】

不倫慰謝料ドットコム

【当サイトのご利用について】

当サイトに記載されている情報の正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。または当サイトをご利用になったことで生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、予めご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright(C) 2018 不倫慰謝料ドットコム All rights reserved.